当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

3週間で激変!歌が上手くなる方法を初心者でもわかりやすく解説

ねるね
ねるね

こんな悩みを私(ねるね)が解説。

今日は、歌をグンと上達するためのポイントをお届けします。

以下は重要なポイントです:

  • 失敗を恐れずチャレンジ:歌の上達への一番の近道は、失敗を恐れずに色々な練習に挑戦することです。
  • 上手い人と下手な人の違い:歌が上手い人は、練習の質、音楽の知識、そして音楽への情熱の度合いが違います。
  • プロから学ぶメリット:自分だけで練習するよりも、音楽教室やスクールでプロの先生から学ぶ方がずっと効果的です。
  • デジタルツールの活用:スマホのアプリやオンライン教材を使えば、自宅でも効率的に練習できます。

この記事では、これらのポイントを基に、皆さんが歌で輝けるように役立つ情報を提供します。

楽しみながら、一緒に歌のスキルを磨いていきましょう!

スポンサーリンク

基礎から学ぶ:歌唱力の基本

歌が上手くなるための第一歩は、基本的なことを学ぶことから始めます。

上手に歌うためには、以下の三つが大切:

・正しい姿勢

・呼吸法

・発声の仕方

これらの基本を身につけることで、声の質がよくなり、歌が上手くなるための土台ができます。

以下で詳しく見ていきましょう。

正しい姿勢

・立っているときも座っているときも、背中をまっすぐにしてリラックスしましょう。

・肩は力を抜いて、首は自然に保ちます。

・この姿勢が、呼吸と声を出すときにとても大切です。

効果的な呼吸法

・歌うときは、お腹を使って深く呼吸します。(腹式呼吸と言います。)

・息を吸うときはお腹が膨らみ、吐くときはへこみます。

・この呼吸法で、安定してきれいな声が出ます。

発声練習

・まずは、柔らかく安定した声から始めましょう。

音階を歌ったり、簡単な歌のフレーズを何度も繰り返しましょう。

・毎日少しずつ練習して、徐々に難しいことに挑戦します。

音程とリズムの練習

音程を合わせるためには、音階練習が有効です。

・リズム感を養うには、メトロノーム(リズムを刻む道具)を使いましょう。

これらの基本を毎日少しずつ練習することで、歌が上手くなります。

初めは難しいかもしれませんが、基本をしっかり身につけることが、きれいな歌声の近道。

毎日の練習で差がつく:効果的な練習方法

歌を上手く歌うコツは、どれだけたくさん練習するかではなく、どれだけ質の良い練習をするかにあります。

毎日少しずつでも、しっかりと集中して練習することが大事。

以下の内容を確認して、効率よく歌の上達を目指しましょう。

毎日ちょっとずつ練習しよう

・歌を上達させるには毎日練習することが大切ですが、長時間やる必要はありません。

・15分から20分、集中して練習するだけでOKです。毎日ちょっとずつ続けることが、上手くなるためのスタートです。

音階練習で音痴解消

・歌の音程を合わせるには、ドレミといった基本の音階練習が大切です。

・最初は簡単な音階から始めて、だんだんと難しいものに挑戦していきましょう。

・この練習をすることで、音程を合わせる感覚が自然と身につきます。

【音階練習】具体的なステップ

ステップ内容詳細・ポイント
1. ウォーミング
アップ
ハミング
リップロール
声帯を柔らかくし、
発声の準備をする。
ハミング: 口を閉じて
鼻から音を出す。
リップロール: 唇を
ブルブルと震わせて
音を出す。
2. 基本の
音階練習
ド、レ、ミ、
ファ、ソ、ラ、シ、ド
の練習
ピアノやキーボードを使い、
ドからドまでの音階を練習
3. 音痴
解消練習
各音階の
音に合わせる
音程を正確に捉え、
はっきりとした音で歌う
4. リズムと
テンポの変更
テンポ
変えて練習
ゆっくりから速くまで、
異なるテンポで練習
5. 異なる
高さでの練習
他の高さでの
音階練習
ドの高さ以外(例:ソ、ファ)
でも音階練習を実施
6. 昇降
音階練習
音階を
上下する
ドからシまで上がり、
逆にシからドまで下がる

※「テンポ」とは、音楽や歌で使われる言葉で、曲がどれくらいの速さで進むかを示します。

練習のポイント

ポイント詳細
姿勢と呼吸正しい姿勢で、
腹式呼吸を意識
声の健康痛みや違和感を
感じたら休む
継続毎日コンスタントに
練習する

歌の一部分を繰り返し練習しよう

歌の中の一つの部分、つまりフレーズを選んで、何度も繰り返し練習するといいです。

このやり方で、リズム感や表現力をグンと高めることができます。

さらに、いろいろなフレーズに挑戦してみると、歌に必要なさまざまなスキルが自然と身についてきますよ。

※「フレーズ」とは、歌の中の一つの小さい部分です。たとえば、歌を歌っていて、息を吸うところまでの一連の言葉やメロディーがフレーズになります。

歌のフレーズ練習の具体的なステップ

ステップ内容詳細・注釈
1. フレーズの選択特定の
部分を選ぶ
歌の中から技術的に
難しい部分や表現が
必要な部分を選びます
(例:高い音が含まれる部分)。
2. フレーズの分析部分を
細かく見る
フレーズの音程(音の高低)、
リズム(音楽の拍子やテンポ)、
必要な感情や表現を理解します。
3. ゆっくりとした
テンポでの練習
遅く
歌ってみる
通常よりも遅い速度で歌い、
各音符や歌詞の発音に
注意しながら練習します。
4. テンポの
徐々な増加
速度を
上げていく
練習を重ねるごとに、
少しずつ速度を上げ、
最終的には曲の元の速度で
スムーズに歌えるようにします。
5. 表現力の追加感情や
強弱を加える
フレーズに感情を込めたり、
声の大きさ(ダイナミクス)を
変えたりして、
表現を豊かにします。
6. 全体との統合曲全体で
歌ってみる
練習したフレーズを曲全体と
一緒に歌ってみて、
全体の流れの中でどのように
馴染むか確認します。

「練習のポイント」

ポイント詳細
正確性最初は正しい音程と
リズムに焦点を当てます。
継続同じフレーズを何度も
繰り返し練習します。
レコーディング自分の歌を録音して聞き返し、
どこを改善すべきか確認します。

※音程とは音がどれだけ高いか、または低いかの差のことです。

難易度の徐々に上げて練習

歌の練習をするときは、最初はやさしい曲から始めて、徐々に難しい曲にチャレンジするといいです。

そうすることで、だんだん上手に歌えるようになっていきます。

ジャンルを超えた練習

歌の練習では、いつも同じタイプの曲だけでなく、いろんな種類の音楽に挑戦してみると良いです。

例えば、クラシックやポップ、ジャズ、フォークソングなど、いろいろなスタイルの曲を歌ってみましょう。

これをすることで、違う種類の音楽が持つユニークな特徴を学び、いろいろな方法で歌を表現する力がつきます。

外国語の歌詞にもチャレンジ

歌の練習では、自分の国の言葉だけじゃなく、外国語で歌ってみるのもおすすめ。

外国語で歌うことは、発音を上手くする練習にもなりますし、もっとたくさんの表現ができるようになります。

最初は英語の簡単な曲から始めて、慣れてきたらフランス語やスペイン語など、他の言語の曲にも挑戦してみましょう。

既存の曲の歌詞を自分なりにアレンジ

すでにある曲の歌詞を自分で新しく作ってみるのも、歌の練習にはいい方法。

自分で歌詞を作ると、その曲のメロディーのことをもっと深く理解できるようになりますし、歌詞とメロディーがどう合っているかもよくわかります。

さらに、自分で何かを作ることで、歌への興味がもっと深まります。

このように新しいことに挑戦するのは、普通の練習にプラスして、歌が上手になるためのいい方法。

レコーディングとフィードバック

自分の歌を録音して、それを聞いてみると、どこを直したらいいかがはっきりします。

もしできるなら、他の人にも聞いてもらって、アドバイスをもらうのも大切。

毎日ちょっとずつでも練習を続けると、歌がじょじょに上手になります。

練習はすぐには結果が出ないけれど、コツコツ続けることが上手になるコツです。自分のペースで楽しく練習してみてくださいね。

歌っている時の感情をメモする

自分が録音した歌を聞いて、その時どんな気持ちだったかメモしてみましょう。

たとえば、「この部分は悲しくて歌った」とか「この歌を歌っているときは楽しかった」など、その時の気持ちを書き留めておくんです。

後でその録音をもう一度聞く時に、そのメモを見て、その時の気持ちを思い出してみてください。

歌を歌う時の感情を思い出すことで、もっと表現豊かに歌えるようになります。

環境変化を利用する

いろいろな場所で歌を録音してみるのもいいですよ。

自分の部屋、公園、車の中など、違う場所で録音してみて、その場所がどう歌に影響しているかを感じてみましょう。

外の音や部屋の響きなど、場所によって変わる音の違いに気づくことが、新しい発見になるかもしれません。

これらの新しいやり方を試してみると、普通の練習にプラスして、歌のうまさや音楽との深いつながりがより感じられるようになります。

歌が上手くなる方法とコツ

歌が上手くなるには、ただ声をきれいに出すだけじゃ足りません。

歌の意味をしっかり理解して、その感情を歌に込めることが大切。

これで、歌が人の心にぐっと響くようになります。

ここでは、歌上手くなるコツを解説。

感情を込めて歌う

歌っていうのは、ただの音じゃなくて、気持ちを伝える方法。

歌の歌詞の意味をよく考えて、その気持ちを声に乗せて歌ってみましょう。

嬉しい時や悲しい時、怒っている時や愛を感じている時など、色々な感情を歌に入れることで、聞いている人にもその気持ちが伝わります。

曲の解釈

それぞれの歌には、背景や大切なメッセージがあります。

その歌の意味を自分なりに考えて、自分だけの感じ方で歌ってみましょう。

人によって解釈は違うので、自分だけの歌い方ができます。

日常から学ぶ:会話と観察を通じた歌唱力向上のコツ

普段の生活で、人の話し方に注意を向けるのも歌の練習になります。

話している人のリズムや声の高低を聞いてみましょう。

また、違う言語や方言を話す人の声を聞くと、音の変化や発音の仕方を学ぶことができます。

普段からよく聞くことは、歌の時に色々な声を出せるようになるコツです。

歌練習用アプリとツールの活用法

スマートフォンのアプリを使えば、家でも効果的に歌の練習ができます。

ここでは、歌を上手にするための便利なデジタルツールを紹介。

歌練習用アプリ

いろいろな歌練習のアプリがあります。

これらは、音の高さ(ピッチ)を正しく出す練習や、リズム感をつける練習、声の幅を広げる練習に役立ちます。

自分の歌を録音して聞くこともできるので、自分の声をチェックできます。

オススメはこちらのアプリ

ボイストレーニング - 歌うことを学ぶ

ボイストレーニング – 歌うことを学ぶ

Learn To Master Ltd無料posted withアプリーチ

カラオケアプリ

カラオケのアプリを使って、楽しみながら歌の練習ができます。

色々な種類の歌を歌うことで、歌の技術だけでなく、歌の意味を理解する練習にもなります。

オススメはこちらのアプリ

ポケカラ-Pokekara 本格採点カラオケアプリ

ポケカラ-Pokekara 本格採点カラオケアプリ

M&E Time Entertainment Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

声を守る:歌いながら声の健康を保つ方法

歌をうたう時、声の健康を大切にしないといけません。

声の出るところ、つまり声帯はとてもデリケートなので、いろいろな方法でケアする必要があるんです。

ここでは、歌う時に声帯を守り、喉を健康に保つためのポイントを解説。

正しい発声法で歌うコツ

歌を上手にうたうためには、喉を痛めないように、お腹から声を出す方法を学ぶことが大切。

お腹を使って声を出すと、喉に負担がかかりにくくなります。

リラックスして、無理に大きな声を出さないように心掛けましょう。

リラックスすることで、自然できれいな声が出やすくなりますよ。

水分補給で喉を守る

歌をうたう時は、喉が乾燥しないように、水分をしっかりとることが重要。

特に、暖かいお茶を飲むと、喉が潤って、歌いやすくなります。

歌う前にも、歌った後にも、水やお茶を飲んで、喉の乾燥を防ぎましょう。

喉の乾燥を防ぐことで、声が出しやすくなり、歌声もきれいに聞こえます。

歌う後の休息を忘れずに

長い間歌った後は、喉が疲れていることがあります。

歌の練習が終わったら、しっかりと喉を休めることが大切。

十分な休息を取ることで、喉をいたわり、次に歌う時も良い声が出せるようになります。

喉が疲れている時に無理をすると、喉を痛める原因になるので、休むことも大切な練習の一部だと考えましょう。

禁煙とアルコールの適量を守る

タバコは喉にとても悪い影響を与えるので、歌が上手になりたい人は吸わないようにしましょう。

また、アルコールも飲みすぎると喉に負担がかかるので、適度に飲むように気をつけてください。

タバコやアルコールは声帯にダメージを与える可能性があるので、特に歌を練習している時は控えめにすると良いですよ。

部屋の湿度を保って喉を保護

部屋の中が乾燥していると、喉も乾燥しやすくなります。

そのため、家の中に加湿器を使って、適切な湿度を保つようにしましょう。

冬になると空気が乾燥しやすいので、特にこの季節には加湿器が役立ちます。

外に出る時は、特に冬や花粉の季節にはマスクをすると、冷たい空気や汚れた空気から喉を守ることができます。

プロの指導で歌を上達させる

歌がもっと上手になりたいなら、音楽教室やボーカルスクールでプロの先生に教えてもらうのがおすすめ

プロの先生は、正しい歌い方や発声の仕方を教えてくれます。

ねるね
ねるね

定期的にレッスンを受けることで、歌の技術が上達し、喉の健康も守ることができます。

音楽教室に通うことは、歌を楽しみながら上手になるための効果的な方法。

詳しくは『音楽教室オススメランキング』を見てみてください。

声の健康を守る:補足

さらに、日常生活で小さなことを意識することも、喉の健康を守るのに役立ちます。

例えば、ハーブティーを飲むことで、喉をリラックスさせて守ることができます。

ねるね
ねるね

特にカモミールやセージなどのハーブは喉に優しいのでおすすめ。

また、話すときや歌うときに喉が緊張しないように、簡単なストレッチやマッサージをすると良いでしょう。

これらの習慣を日常的に行うことで、歌う時だけでなく、普段の生活でも喉の健康を守ることができます。

おすすめの教材

歌を上手にうたうためには、良い教材を使うことが大切。

ここでは、歌の初心者の人にも役立つ本を紹介します。

自分に合った本を見つけて、その本の方法で上手に歌えるように練習してみましょう。

私がオススメする教材はこちら

プロに学ぶ:ボイストレーナーによるレッスン紹介

自分一人で歌の練習をすると、間違った方法を身につけてしまうかもしれません。

例えば以下の様なことが、、、

・発声の仕方が間違っていると、声帯を傷つける可能性があり、それを直すのが難しくなることがある。

・自分では気づかない小さな間違いが、だんだんと悪いクセになることもある。

これに対して、プロのボイストレーナーのレッスンを受けると、正しい歌い方を最初から学べます。

オンラインレッスンや地域の音楽教室など、選べる方法はたくさんあります。

そこでは、経験豊かな先生が、あなたの歌の良いところや直すべきところを教えてくれます。

ねるね
ねるね

先生の指導があれば、間違った練習をしてしまう心配もなく、安心して上達することが可能。

一人で練習するよりも、プロに教えてもらった方が、上手になるのは早いし、声を守ることもできます。

だから、歌が上手くなりたいなら、プロのレッスンを受けることをおすすめ。

私がまとめた『音楽教室オススメランキング』では失敗しない音楽教室をまとめています。

良ければ見てみてください。

このリストは、多くの歌い手たちに支持されており、各教室の特徴や強みが明確に記載されています。

自分に合った教室を見つけるための良い出発点となるでしょう。

歌が上手くなるマインド

歌が上手くなるには、練習だけじゃなくて、考え方も大事。

失敗を恐れずに挑戦する気持ちが、上手くなるための秘訣です。

ここでは、歌を上達させるための心構えを簡単に説明します。

  • 前向きでいること:
    • 自分を信じて、いつも前向きに考えて練習しましょう。間違えてもいいんです。色んな歌に挑戦することで、うまくなれます。
  • 失敗を恐れないこと:
    • 練習で失敗はみんなするもの。完璧を目指さず、間違いから学ぶことが大切です。
  • 小さな目標を立てること:
    • 小さいけど、達成できる目標を作りましょう。たとえば、特定の曲をうまく歌うことなどです。
  • 自分を受け入れること:
    • 例え下手でも今の自分を受け入れて、そこから少しずつ上達を目指しましょう。
  • 続けることが大事:
    • 歌を上手くなるには、毎日コツコツ練習することが大切です。
  • リラックスして歌うこと:
    • 緊張すると声が出にくくなるので、リラックスして歌うようにしましょう。

「歌が上手くなるための心構え」は、ただ練習するだけじゃなくて、どんな気持ちでいるかが重要です。

失敗を恐れず、自分を信じて、楽しみながら歌を練習しましょう。

歌が上手な人と下手な人の違い

歌が上手い人とそうでない人、一体何が違うのでしょうか?

実は、技術だけじゃなくて、どう練習しているかや、歌に対する熱意など、いろいろな違いがあります。

その違いを表にまとめました。

特徴上手い人のやり方そうでない人のやり方
練習方法目的を持って効率的にしている。ただ長く練習するだけ。
音楽に対する理解歌だけでなく、色んな音楽のことを
よく知っている。
特定の音楽のことしか知らない。
情熱歌に強い情熱を持ち、感情豊かに歌う。あまり情熱が感じられない歌い方。
フィードバック人からのアドバイスをしっかり受けて、
上達につなげる。
アドバイスを聞かない。

上記の表では、「歌が上手い人」と「そうでない人」の違いを、もっと日常的で理解しやすい表現を使って説明しています。

こうすることで、歌の上達に役立つポイントが明確になり、どこを改善すれば良いかがわかりやすくなります。

結論まとめ

この記事では、上手く歌うためのいくつかの大切なポイントを話しました。

要点はこんな感じです:

  • ポジティブに考える:
    • 一番大事なのは、失敗を恐れず色々な練習にチャレンジすること。これが上手くなるコツです。
  • 上手い人とそうでない人:
    • 歌が上手い人は、どう練習するか、音楽をどう理解しているか、どれだけ情熱を持っているかが違います。
  • プロの先生から学ぶメリット:
    • 自分だけで練習するより、音楽教室やスクールでプロの先生から学ぶ方が、ずっと効果的です。
  • 便利なデジタルツール:
    • スマホのアプリやネットの教材を使うと、家で効率的に練習できます。

これらのことを意識して練習すれば、歌がぐんと上達します。

特に大切なのは、前向きな気持ちで、上手くなるための方法をしっかり学ぶことです。

そして歌が上手くなるためには、音楽教室でレッスンを受けるのが一番。

一人で練習すると、間違った方法を覚えてしまうことが多いんです。

そんな人のために、私が「音楽教室オススメランキング」をまとめています。

そこで良い教室を選べば、間違う心配はありません。

ぜひチェックしてみてくださいね。

【2024年】音楽教室おすすめランキング13社徹底比較【大人、子供向け】
音楽教室選びに失敗したくない方必見!この記事では楽器歴22年の私がオススメの音楽教室を紹介。実はコスパの良い良質なレッスンが受けられる教室はたくさんあります。この記事を読めばご自身に最適な音楽教室が見つかり素敵な音楽ライフを満足できるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました