当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

ドラムの始め方!挫折しない最適な方法を7つの項目で解説!

ドラム
ねるね
ねるね

こんな悩みを楽器歴25年のねるねが解説

初心者から上級者まで、ドラム演奏の魅力は誰もが感じることができるもの。

しかし、その第一歩を踏み出すには、正しい情報と解説が不可欠。

この記事では、あなたがドラムを楽しむために必要なすべてをまとめています。

大きく以下の7つの項目で解説。

①ドラムの基本情報を知る

②ドラムセットの正しい選び方を知る

③効果的な練習方法を知る

④楽譜の正しい読み方を知る

さらに、⑤オススメの練習曲や⑥教則本、⑦音楽教室の選び方まで、初心者が直面する一般的な疑問や心配事に対してわかりやすくアドバイスしています。

この記事を通じて、ドラム演奏の基本から応用、そしてその楽しみ方までを深く掘り下げて一緒にドラムの世界を楽しみましょう!

スポンサーリンク

ドラムの基本情報

ドラムを始めたいと思ったら、まずはドラムの基本を知ることが重要。

ドラムは、音楽を作るときにリズムをつくるとても大切な楽器。

次のようないろいろな音楽の中で、ドラムが活躍しています:

・ジャズ

・ロック

・ポップミュージック

これらの音楽では、ドラムが大事な役割を果たしているんです。

ドラムがあるおかげで、音楽にハリが生まれ、曲がもっとハッピーに。

ドラムの種類と特徴

ドラムには、以下の二つの種類があります:

・アコースティックドラム

・エレクトロニックドラム

これらは、ドラムの中でもちがうタイプなんです。

アコースティックドラムは、スネアドラムやバスドラム、タムタム、フロアタムという太鼓と、いくつかのシンバルでできている。

これらは木や金属でできていて、叩くと自然な音がします。

ねるね
ねるね

一方、エレクトロニックドラムは、電子音を出します。

このドラムは音の大きさを調節したり、いろいろな音色を出すことが可能。

ですから、アパートのような音量を小さくしなければいけない場所でも、エレクトロニックドラムなら練習ができます。

ドラムの歴史

ドラムの歴史はとても長く、始まりは何千年も前にさかのぼります。

昔の人たちは、次のような時にドラムを使っていました:

・戦いのとき、軍隊がドラムを使う

・神様へのお祈りの儀式でドラムを叩く

これは、ドラムが昔からたくさんの場面で使われてきたことを教えてくれます。

世界中のいろいろな国や文化で、ドラムは大事な役割を持っていたということ。

ドラムの演奏スタイルの多様性

ドラムはいろいろな音楽のスタイルに合わせて叩くことができます。

たとえば、ジャズの音楽には以下のような特徴があります:

・ふつうとは違うリズムを使うこと

・思いつきで演奏をすること(アドリブ演奏)

これらは、ジャズが他の音楽とちがう面白い点。

ロック音楽では、強くて元気なビートを叩くことが大切です。

そして、ポップミュージックでは、曲のリズムをはっきりさせて、歌と上手に合わせることが重要。

ドラムを演奏することのメリット

ドラムを叩くことには、いろいろな良い点があります。

・ストレス軽減:ドラムを叩くと、ストレスが減ることがあります。リズムに合わせて叩くと、気持ちが落ち着いてリラックスできます。

・集中力の向上:ドラムを叩くためには、集中する力が必要です。練習を続けると、注意力が強くなり、集中する力が育ちます。

・協調性の向上:バンドやグループで一緒にドラムを叩くときには、他の人とうまく合わせなければなりません。これによって、人と上手に話したり協力したりする力がつきます。

・身体協調能力の向上:ドラムを叩くときには、手と足を一緒に動かすので、体の使い方が上手になり、バランス感覚もバツグンになります。

ドラムセットの選び方①

ドラムセットを選ぶ際、初心者の方にはいくつか大切なポイントがあります。

まず、以下の基準で適切なドラムセットを選びましょう:

・適切な予算のものを買う

・自宅のスペースに置けるものを買う

・好みのジャンルに合わせたものを買う

・品質と耐久性の良いものを買う。

ドラムセットの選び方②

上記のポイントを考慮することで、長く快適に使えるドラムセットが見つかります。

ドラムは、予算内で良い品質のものを選ぶことが重要。

また、自宅に設置するスペースも考え、コンパクトなセットや折りたたみ可能なタイプが適している場合は、それを選びます。

ねるね
ねるね

音楽のジャンルも選択の基準となります。

ジャズ、ロック、ポップなど、演奏したいジャンルに合わせたドラムセットを選びましょう。

それぞれのジャンルには特有のドラム構成があります。

品質と耐久性も大切な要素。

長く使える高品質のセットを選ぶと、長期的に見てコストパフォーマンスが良いです。

安いものでも、すぐに壊れると結局コストがかさみます。

ドラムセットの選び方③

その他、初心者向けのセットかどうかも確認しましょう。

初心者向けのセットは、使いやすさや学習のしやすさが考慮されています。

ねるね
ねるね

また、操作が複雑すぎないことも大切です。

これらのポイントを踏まえて、自分に合ったドラムセットを選びましょう。

適切なセットを選ぶことで、ドラム演奏がさらに楽しくなります。

初心者向けドラムセット相場

種類安価なセット中価格帯の
セット
高品質なセット
電子ドラム約30,000円
~70,000円
約70,000円
~150,000円
150,000円以上
アコースティック
ドラム
約40,000円
~80,000円
約80,000円
~150,000円
150,000円以上

ドラムの設置方法

ドラムセットの正しい設置は、楽しくドラムを叩くためにとても大切。

今から、ドラムの設置方法を説明しますね。

ドラムセット
の部品
説明注釈
スネアドラム腕がラクに
届く高さに設置する
スネアドラム:ドラムセットの
中心となる、明瞭な音がするドラム。
通常、座って演奏する時に膝の前に
位置します。
バスドラム足がスムーズに
届く場所に設定する
バスドラム:大きくて低い音がする
ドラム。
足で踏むペダルを使って叩きます。
タム叩きやすい角度と
高さに調整する
タム:ドラムセットに含まれる、
異なるサイズと音高のドラム。
通常、複数あります。
シンバル叩きやすいところ
に設置する
シンバル:金属製で、明るい音がする。
ドラムセットの一部として様々な
タイプがあります。

これらの部品を自分に合った位置に調整することで、演奏がしやすくなり、長時間叩いても疲れにくくなります。

ドラムセットをうまく設置することは、楽しくドラムを演奏するために重要。

自分にぴったりの設置方法を見つけて、素敵なドラム演奏を目指しましょう。

ドラムの快適な演奏環境の作り方

ドラムを叩くときには、楽しくできるような場所を作ることがとても大事。

次のようにすると、いい環境ができます。

・音がきれいに聞こえるようにする:ドラムの音がはっきりと聞こえるように、部屋の中を片付けます。また、部屋の音響を良くするために、特別な防音材料や音響改善グッズを使うのもおすすめ。

・広いスペースを作る:ドラムを叩くためには、身体を動かすスペースが必要。狭いと、うまく演奏できないことがあります。

・音が外に漏れないようにする:近所の人に迷惑をかけないように、音が外に出ないようにします。音を防ぐグッズを使ったり、練習する時間を考えたりしましょう。

これらのことを考えて、ドラムを叩く場所を作ると、練習がもっと楽しくなります。快適な場所でドラムを叩いて、上手になりましょう。

ドラムの楽譜の読み方

ドラムを上手に叩くためには、楽譜の読み方を知ることがとても大切。

楽譜を読めるようになると、曲のリズムやどうやって叩くかがわかるようになる。

ドラムの楽譜には、次のようなことが書かれています。

リズムの記号を覚える

ドラムの楽譜には、♩(しぶおんぷ)や「X」の形の記号が書かれています。

♩はドラムの音を、Xはシンバルの音を表している。

ドラムの音
シンバルに音

これらの記号を見て、どのドラムやシンバルをいつ叩くかを判断します。

拍子を理解する

拍子は、音楽がどんなリズムで進むかを教えてくれます。

例えば、「4/4(よんぶんのよん)」と書いてあったら、1つの区切り(小節)が4回のリズムでできているという意味。

4/4拍子

これを知ると、曲のリズムがわかります。

テンポを把握する

テンポは、音楽の速さのこと。

楽譜に「テンポ=120、♩=120」と書いてあれば、1分間に120回のリズムで叩くということです。

テンポ表記

これを知ると、曲を正しい速さで演奏できます。

曲の構造を知る

楽譜には、曲のどこを繰り返すかや、どこが始まりでどこが終わりかが書いてあります。

たとえば、繰り返しの記号があれば、その部分をもう一度演奏します。

繰り返し記号

これで、曲の流れ全体を把握することが可能。

基本的なドラム譜

下記ではドラム譜の読み方の基礎の基礎を載せています。

それぞれのドラムやシンバルは楽譜ではどう表すかをわかりやすく示しています。

ドラム楽譜の読み方

ドラムの練習方法

ドラムを上手くなるためには、効果的な練習方法がとても重要。

初心者から上級者まで、どんなレベルの人も練習はドラム演奏の上達に欠かせません。

以下のステップで練習を進めてみましょう。

・【ステップ1】ドラム演奏の基本を理解する

・【ステップ2】基本のリズムパターンを練習する

・【ステップ3】リズムのバリエーションを増やす

・【ステップ4】複雑なリズムに挑戦する

・【ステップ5】曲に合わせて練習する

・【ステップ6】定期的に練習する

・【ステップ7】録音して自分の演奏を聴く

・【ステップ8】セッションに参加しよう

【ステップ1】ドラム演奏の基本を理解する

ドラムを上手に叩くためには、いくつかの大切なことがあります。

・正しいドラムスティック持ち方

・正しい足の使い方

正しいドラムスティックの持ち方

ドラムスティックとはこんなやつ。

スティックの画像

スティックの持ち方を簡単にまとめると、

項目説明
スティック
の持ち場所
スティックを手に取り、
バランスが良いと感じる部分を
探して握ります。
通常、スティックの後ろの方を
持つと良いです。
手の形スティックは親指と人差し指で
やさしくつまみ、
他の指は軽く支えます。
手の中でスティックが少し動く
くらいの力加減で持ちましょう。
手首の
動かし方
スティックを叩くときは手首を
使って上下に動かし、
リズムに合わせて
軽く振るようにします。
リラックス
して持つ
力を入れすぎずリラックスして
スティックを持ちます。
力を入れすぎると手が
疲れやすくなります。
スティックの持ち方

スティックを正しく持つことで、ドラムを上手に、そして楽に叩くことができるようになります。

ドラムの正しい持ち方は、『ドラムスティックの持ち方:スガナミ楽器さん引用』でわかりやすく解説されているで見てみてください。

動画ではこちら

正しい座り方と足の動かし方

ドラムセットには、以下のような部分があります:

・足で操作するバスドラム

・足で操作するハイハット

バスドラム
ハイハット

これらを上手く使うことは、ドラムを演奏するときにとても大事です。

以下の動画では正しい座り方と足の動かし方が確認できます。

【ステップ2】基本のリズムパターンを練習する

・ストレートビート(4/4拍子の一般的なビート)をマスターしましょう。

・バスドラム、スネア、ハイハットを使って基本的なリズムを作ります。

・リズムの正確さを重視し、メトロノームを使って練習すると良いでしょう。

詳しくは、『ドラム技法のいろいろ:YAMAHAより引用』を見てみてください。

リズム感はメトロノームを使って鍛える

ドラムはリズムが大事。

メトロノーム(リズムを刻む機械)を使ったり、色々な音楽に合わせて叩いたりして、リズム感を鍛えましょう。

メトロノームとはこんなやつ

アプリでも無料で簡単にダウンロードできます。

私が普段使っているメトロノームアプリはこれ。

Smart Metronome & Tuner

Smart Metronome & Tuner

Tomohiro Ihara無料posted withアプリーチ

ちなみに、この記事を書きながら気づいたんですが、Google検索で「メトロノーム」と検索したら、一番上にシンプルなメトロノームが出てきてビックリしました。

今こんななってるんですね。

【ステップ3】リズムのバリエーションを増やす

シンコペーション(強調されるべきでない拍にアクセントを置く)などの新しいリズムを試してみます。

バスドラムやスネアの打ち方を変えてみたり、ハイハットを開閉して異なる音を出す練習をします。

シンコペーションについて詳しくは以下の記事がとてもわかりやすかったので置いて紹介します。

シンコペーションとは? テキスト版

以下の動画もとてもわかりやすい。

【ステップ4】複雑なリズムに挑戦する

・トリプレットや複雑なフィルイン(ドラムソロのような部分)にチャレンジします。

・ドラムのさまざまな部分を使って、リズムの中での切り替えを練習します。

トリプレット

トリプレットについては『スイスアーミートリプレット:これから始める!自宅でドラム練習!より引用』という記事がオススメ。

動画ではこちら

フィルイン

フィルインに関してはYahoo知恵袋の『ドラムが下手なのですが、フィルインなどコツがあれば教えて欲しいです。』がとてもわかりやすく解説されています。

動画ではこちらがオススメ

【ステップ5】曲に合わせて練習する

・実際の曲に合わせてドラムを叩いてみましょう。これはタイミングやリズム感を養うのに最適です。

・初めはシンプルな曲から始め、徐々に難易度を上げていくと良いでしょう。

最初のとっかかりとしては下記の動画の音に合わせて叩くのがオススメです。

【ステップ6】定期的に練習する

・毎日決まった時間に練習する習慣をつけることが大切。

・短時間でも良いので、毎日コンスタントに練習することで、スキルは確実に向上します。

【ステップ7】録音して自分の演奏を聴く

・スマホとかで演奏を録音し、後で聞き返します。

・演奏中に気づかなかったミスやリズムのズレを確認し、改善につなげます。

これらの練習方法を取り入れることで、ドラムの技術が段階的に向上し、より複雑でリズミカルな演奏が可能になります。

地道な練習がドラム演奏の上達の鍵となるので、毎日の練習を楽しみながら続けましょう。

【ステップ8】ドラムのセッションに参加しよう

ドラムを上達するためには、たくさん練習することがとても重要

最初は簡単なリズムからスタートし、少しずつ難しいリズムに挑戦していくのが良いでしょう。

そして、他の楽器を演奏する人たちと一緒に音楽を作る「セッション」をすることも、ドラムを上達させるのに役立ちます。

セッションとはこんなやつ:島村楽器さん引用

セッションでは、実際に音楽を演奏しながら、ドラムを叩く経験を積むことができるので、ドラムが上手になりたい人には特におすすめ。

ドラムのオススメの練習曲

ドラムを学ぶ初心者にとって、適切な練習曲を選ぶことが進歩の鍵となります。

特に重要なのは、リズム感を養い、基本的なビートを習得すること。

様々なジャンルから曲を選ぶことで、多様なリズムに触れ、幅広いスキルを身につけることができます。

初心者におすすめの練習曲を紹介します。

こちらの動画に出てくる曲はドラム初心者にはオススメの曲ばかりです。

挫折を防ぐコツ

ドラムを練習するときに、途中であきらめないためのコツがあります。

これらを覚えておくと、練習がもっと楽しくなりますよ。

ここに、挫折しないためのポイントを紹介。

①小さい目標を立てる:

例えば、「この曲を叩けるようになる」とか、「このリズムを覚える」といった小さい目標を作って、それを達成することを目指しましょう。

②少しの進歩も喜ぶ:

毎日の練習で、ちょっとずつ上手になっていることを喜びましょう。

小さな成功がたくさん積み重なると、大きな上達につながります。

③練習を楽しむ:

練習は楽しいことだと思って、好きな曲を叩いたりして楽しんでください。

④ちゃんと休む:

疲れたときは無理をせずに休みましょう。

休むことも大切。

⑤友達や家族と話す:

ドラムの練習のことや、上手くなったことを友達や家族に話してみましょう。

一緒に喜んでもらうと、もっと練習がんばれます。

ねるね
ねるね

これらのコツを覚えて、ドラムの練習を続ければ、挫折することなく上手になれます。

ドラムは独学は可能か

ドラムを自分一人で勉強することもできますが、独学にはいくつかの問題点があります。

特に、ドラム初心者の場合、一人で正しい方法を覚えるのは難しい

以下に、独学でドラムを学ぶ際の困った点を紹介します。

  1. 間違った方法を覚える可能性
    • 一人だと、ドラムを叩く正しい方法がわからず、間違ったやり方を覚えてしまうことがあります。
  2. リズム感の発達が難しい
    • ドラムはリズムを感じることが大切ですが、一人で練習すると、リズム感を身につけるのが難しくなります。
  3. 効果的な練習方法がわからない
    • どのように練習すれば良いかがわからず、時間を無駄にすることがあります。
  4. モチベーションの維持が難しい
    • 一人でずっと練習を続けるのは大変で、途中でやめたくなることがあります。

これらの理由から、ドラムはプロの先生から学ぶことをおすすめ。

オンラインレッスンや教則本の利用も良い方法です。プロの先生から教わることで、正しい方法を早く覚えることができます。

初心者ドラマーにオススメの音楽教室

ドラムを始めたばかりのときには、良い音楽教室を見つけることが大事

音楽教室やオンラインレッスンを受けると、ドラムがどんどん上手になります。

先生から教えてもらうと、ドラムの基本やリズムの感じ方をしっかり学べます。

音楽教室を選ぶときのポイントを紹介しますね。

1:近くの音楽教室を探す:

・家の近くにある音楽教室を探してみましょう。近いと通うのがラクで、続けやすいです。

2:オンラインレッスンを使う:

・家でできるオンラインレッスンはとても便利。パソコンやタブレットがあれば始められます。

3:先生のことを知る:

・先生がどんな人か、どんなふうに教えてくれるかを見てみましょう。やさしく教えてくれる先生がいいですね。

4:教室の雰囲気を見る:

・音楽教室がどんなところかも大事。リラックスして学べる場所かどうかをチェックしてみましょう。

これらを参考にして、自分に合った音楽教室を見つけてください。

いい先生に教わると、ドラムをもっと楽しく学べますよ。

オススメの音楽教室選びで失敗したくない人は『音楽教室オススメランキング』を見てみてくださいね。

オススメの教則本

ドラムを始めるみなさんに、教則本はとても役立ちます。初心者向けの教則本には、ドラムの基礎からちょっと難しい技術まで、いろいろ書かれています。

また、どんなふうに練習するかを教えてくれるページもたくさんあります。

教則本を選ぶときのポイントを紹介。

  1. 色々なことが学べる本
    • ドラムの基礎から上達するための技術まで載っている本が良いです。
  2. たくさんの練習方法が載っている本
    • 実際にドラムを叩く練習ができるページがたくさんある本を選びましょう。
  3. レビューを参考にする
    • 他の人の感想や、ドラムが上手な人のおすすめしている本を選ぶといいです。

これらのポイントを考えて、私がおすすめする教則本を紹介します。

ドラム練習場所

ドラムの練習場所は、上手になるためにすごく大切

家の中でドラムを叩くと、音がすごく大きくて、家族や近所の人に迷惑をかけてしまうこともあります。

ねるね
ねるね

そんなときは、他の場所で練習する方法を考えましょう。

ドラムを叩くのに良い場所を選ぶと、もっと集中して練習できます。

ドラムを叩く場所の選び方を紹介。

  1. 音楽スタジオを使う
    • 音楽スタジオは、ドラムを叩くための特別な場所です。
    • スタジオは音が外に漏れないように作られているので、大きな音を出しても大丈夫です。
    • お金を払って借りることができ、快適に練習できます。
  2. 公共の施設を利用する
    • 町の施設やコミュニティセンターに、音楽を練習する場所があることがあります。
    • これらの場所はあまりお金がかからず、予約して使えます。

このように、いい練習場所を選ぶと、ドラムの練習に集中できます。

音楽スタジオや公共の施設を使って、楽しくドラムを叩いてみましょう。

家で叩くのが難しいときでも、これらの場所なら思い切り練習できますよ。

大人でも上達できる?

ドラムは、大人でも上手になることができます。

年齢に関わらず、しっかり練習すれば、誰でもドラムを上手に叩けるようになります。

大人がドラムを上達するための重要なポイントを紹介。

  1. 毎日少しずつ練習する
    • 毎日練習することが大切です。短い時間でもいいので、毎日少しずつ練習しましょう。
  2. 先生から教わる
    • ドラムのプロの先生から教わると、正しい方法を早く覚えられます。音楽教室に行くのがおすすめです。
  3. やる気を持ち続ける
    • 練習を楽しいと思えば、もっと上手になりたいという気持ちが続きます。ドラムをやる目標を立てるのも良いでしょう。
  4. 体を大切にする
    • 体を動かすときは、ストレッチをして無理をしないように気をつけましょう。

これらのポイントを守って練習すれば、大人でもドラムが上手になることができます。

年齢はドラムを上達するのに邪魔になりません。

始めるのが少し遅くても、毎日の練習で素敵なドラム演奏ができるようになります。

ドラムは体力いる?

ドラムを叩くときは、意外と体力が必要。

手足をたくさん動かすので、長い間叩いていると体が疲れることがあります。

でも、ちゃんと練習して体力をつければ、心配ありません。

ドラムを叩くのに必要な体力をつけるポイントを紹介します。

  1. 長く動ける力をつける
    • ドラムを長時間叩くためには、走ることや自転車に乗るような運動が役立ちます。
  2. 筋力を強くする
    • 手足をしっかり動かすためには、腕立て伏せやヨガなどで筋肉をつけると良いです。
  3. 無理のない練習
    • 練習するときは、いきなり長時間叩かずに、少しずつ時間を増やしていくのが大切です。疲れたら休むことも忘れずに。
  4. 健康な生活
    • 体力をつけるためには、野菜や果物をたくさん食べて、夜はしっかり寝ることが重要です。

これらのポイントを実践すれば、ドラムを叩くための体力をつけることができます。

体力があれば、もっと長い時間ドラムを楽しむことができますよ。

ドラムを始める心構え

ドラムはすぐに上手になるわけではありません。

少しずつ練習して、徐々に上手くなっていきます。だから、ドラムを上手になりたいと思うなら、次のような心構えが大切。

  1. コツコツ練習する
    • ドラムは毎日少しずつ練習することが大事です。毎日続けることで、少しずつ上達します。
  2. やめないで続ける
    • うまくいかないときもあるけれど、やめずに続けることが重要です。
  3. 少しずつ前に進む
    • 小さな進歩も大切にして、一歩ずつ前に進むのを楽しんでください。
  4. 成長を楽しむ
    • ドラムを叩くこと自体を楽しんで、自分がどんどん上手になるのを感じると良いです。

これらのことを心に留めて練習すれば、徐々にドラムが上手になっていきます。

自分が上達していくのを感じると、ドラムがもっと好きになると思います。

ドラムの楽しみ方

ドラムを叩くことは、ただ上手になるだけではありません。

ドラムにはさまざまな楽しいことがあり、自分の好きな方法でドラムを楽しむことができます。

ドラムの楽しいポイントをいくつか紹介。

  1. 感情を表現する
    • ドラムは、自分の気持ちや感じていることをリズムで表現できます。ドラムで自分の思いを伝えるのも楽しいです。
  2. 友達とセッションをする
    • 他の楽器を弾く友達と一緒に音楽を作るのも楽しいです。みんなで合わせて曲を作るのは、とても楽しいです。
  3. 音楽に貢献する
    • バンドで演奏するとき、ドラムは曲のリズムを作る大切な役割をします。自分の演奏が音楽に役立っていると感じられます。
  4. 自分だけのスタイルを見つける
    • 自分の好きな曲を叩いたり、自分だけのリズムを作ったりして、自分だけのドラムの楽しみ方を見つけましょう。

ドラムは、技術を練習するだけでなく、音楽を通じてさまざまな楽しみ方があります。

自分の好きな方法でドラムを楽しんで、音楽の楽しさをたくさん味わいましょう。

まとめ

ドラムを始めるときに覚えておくべき大事なことを解説してきました。

ドラムはいろいろなことを学ぶ必要があるけれど、たくさんの楽しみ方があります。

ドラムを楽しむためのポイントをおさらいしましょう。

  1. 基本をしっかりと学ぶ
    • ドラムの基本を学びましょう。基本を知ることが、上手になる第一歩です。
  2. ドラムセットを正しく選ぶ
    • 自分に合ったドラムセットを選ぶことが大切です。好きな色やサイズを選んでください。
  3. ドラムを正しく設置する
    • ドラムを置く場所を決めて、きちんと設置しましょう。快適な場所で練習すると、もっと上手になります。
  4. 楽譜を正しく読む
    • ドラムの楽譜を読めるようになると、いろいろな曲に挑戦できます。楽譜を読む練習も楽しんでください。
  5. 正しい練習をする
    • 良い練習方法を見つけて、毎日少しずつ練習しましょう。練習は上達の秘訣です。
  6. 楽しみながら叩く
    • ドラムを叩くこと自体を楽しんで、自分のペースで練習を進めましょう。

ドラムを始めるときは、これらのポイントを覚えておくと、ドラムをもっと楽しめます。

また、ドラムを上手に叩くためには、プロの先生から習うことが一番。

私がおすすめする「音楽教室オススメランキング」を見て、良い先生を見つけてください。

プロの先生から学ぶと、ドラムがもっと楽しくなりますよ。

【2024年】音楽教室おすすめランキング13社徹底比較【大人、子供向け】
音楽教室選びに失敗したくない方必見!この記事では楽器歴22年の私がオススメの音楽教室を紹介。実はコスパの良い良質なレッスンが受けられる教室はたくさんあります。この記事を読めばご自身に最適な音楽教室が見つかり素敵な音楽ライフを満足できるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました