【超簡単!】バイオリン運指表を使ったら曲が弾けた!【指番号付き楽譜で練習しよう】

音楽

質問があります。バイオリンで曲を弾きたいですけど、バイオリンのどこを押さえればいいか音の位置がわかりません。音の位置を記した運指表はないでしょうか。またそれを使った練習方法を知りたいです。

ねるね
ねるね

こんな質問があったので答えていきます。

私が初心者の時もバイオリンの指使いには苦労しました。

わかりやすい運指表がなく苦労した思い出、、、。

みなさんにはそんな苦労をしてほしくないので、今回は初心者でもわかりやすいようにバイオリンの運指表を作りました。

なんだか複雑そう、、。

大丈夫です。運指は慣れれば簡単ですよ。

本記事ではこの運指表の見方から練習方法までまとめて解説します。

運指表を使った練習方法を実践すれば、初心者でも迷いなく音を出すことができ、音階練習→曲の練習と効率良く練習を進めて行けます。

ねるね
ねるね

バイオリンを上達させたい!と思っている方はぜひ最後まで見てみてください!

運指表の見方

この運指表の見るために重要なことは、

・指番号とは?
・指使いの意味を知っておくこと
・楽譜でドレミファソラシドの位置を理解しておくこと

ねるね
ねるね

この3つが運指表を見るための前提知識になります。

わかりやすように下記で解説していきます。

バイオリンの指番号

指番号とは下記の画像の緑の枠で囲ってる部分です。

ねるね
ねるね

バイオリンでは各指ごとに番号で表します。

①人差し指
②中指
③薬指
④小指

これは全世界共通なので覚えておきましょう。

バイオリンの指使いとは

バイオリンの指使いとは音を出すとき、どの指で弦を押さえるか、ということです。

画像を見てほしいんですが、

指の名前と指番号を書いていますね。

・画像に向かって1列目2列目は①人差し指
・3列目4列目は②中指
・5列目6列目は③薬指

となっています。

基本この列ごとに決められた指の配置は95%絶対です。

例えば、E線のファの音を薬指で押さえたりしません。

ねるね
ねるね

押さえてみるとわかるんですがとても弾きづらいです。

左手での弦のおさえ方についてはこちらの記事で詳しく書いています。

【正解はコレ!】バイオリンの左手の構え方、弦の押さえ方を解説【手首を痛めない方法】

指使いとは音をおさえる時どの指で押さえたらいいのかという決まり事。

楽譜を読めるようになっておくこと

楽譜を読める知識、具体的には五線譜を読めるようになると運指の理解が早いです。

五線譜とはこれです。

ねるね
ねるね

初心者は音感がない状態からスタートするからので視覚で覚えること重要。

楽譜のこの音はこの場所だよね。って感覚で覚えると慣れたら反射的にわかるようになる。

例えばこんな楽譜を見たとき、

瞬時に頭の中でこんな感じでピックアップできるようになる。

ねるね
ねるね

楽譜と運指は料理に似ています。

料理
のレシピ
=楽譜
材料=運指

みたいなイメージ。

レシピが
わからないと
材料を揃えれない
=楽譜が
読めないと
運指がわかならい

運指を理解するには楽譜を読める知識が必要

バイオリンはフレットがない楽器

フレットって何?

フレットとはギターをイメージするとわかりやすいです。

フレットがあれば音痴になることはありません。

音がブレることがないからです。

ただ、バイオリンにはこのフレットがないんです。

理由は、バイオリンに求められることとして和音やハーモニーの美しさを重視されてきたので、環境、状況によって音の高さを微妙に変える必要があったためです。

ねるね
ねるね

音の高さを微妙に変えるためにはフレットは入りません。

ただフレットがないと音痴になりやすいので、音痴にならない練習が必要です。

練習方法としては下記の左手の構えの項を参考にしてください。

【正解はコレ!】バイオリンの左手の構え方、弦の押さえ方を解説【手首を痛めない方法】

バイオリンは楽器の特性上フレットがない。

運指表を使った音階練習をする

ここでは運指表を使った練習方法を解説します。

ねるね
ねるね

ここでは1stポジションの音階を弾いてみましょう。

1stポジションの構えがまだわからないという方はこちらを確認してください。

【正解はコレ!】バイオリンの左手の構え方、弦の押さえ方を解説【手首を痛めない方法】

なぜ運指を覚えるのに音階練習が必要なのかというと、運指は理屈よりも慣れや感覚をつかむことがとても大事だからです。

ねるね
ねるね

その方が圧倒的に効率的

まずはA線で音階を弾いてみましょう。

押さえる場所はこの部分です。

①シの音

②ドの音
③レの音
④ミの音

上記で押さえた場所を続けて音階として弾いていきます。

A線音階
ねるね
ねるね

まずはリズムや音程の良し悪しは気にせず音を出すことに慣れましょう。

A線の音階練習に慣れてきたらこちらの記事でより深く音階練習について解説しています。

こちらの記事をご覧ください。

【音階練習をしないとバイオリンの曲は弾けない!】音階練習の本質と具体的な練習方法を知る必要がある!

まとめ;バイオリンの運指をスムーズにするためには日々音階練習あるのみ

今回は、バイオリンの指使いがわからない方のために運指表を使って、運指の考え方、練習方法を解説しました。


内容を要約します。

✅バイオリンの運指はドレミファで覚えるべし
✅バイオリンの運指を覚えるにはベース音を覚えることが大事
✅音階練習を行うときは・文字・音程・おさえている位置、これらをリンクさせることが大事
✅運指表の音を安定させることで運指の技術の習得スピードは上がる

また、独学だと自信ないとなればプロのレッスンを受けることをおすすめします。


実際におすすめする音楽教室を紹介しますので良ければ参考にしてください。

【失敗しない!】オンラインレッスンならココ!バイオリン教室オススメ5選【初心者向け料金比較】
バイオリン初心者がオンラインレッスンを受けようとしてと最初の一歩で挫折するケースは多いです。今回はバイオリン初心者でも、実績、評判共に良い音楽教室を選べば上達できるよう、『バイオリンのオンラインレッスンの料金相場』となる知識からオススメの音楽教室の申込方までまとめて解説します。

あれこれ考えるのが面倒なら、音楽教室におまかせするのもおすすめですよ!

以上です!

このブログではバイオリンを中心に音楽が役立つ知識を発信していこうと思っています。

もしイイなと思ったら他の記事も御覧ください。

Twitterも同じテーマでやっていますので良ければフォロー、登録お願いします。

Twitter

それではまたー

(完

コメント

  1. […] 悩み解消!バイオリン運指表を使うことで運指の上達は早くなる […]

  2. […] 悩み解消!バイオリン運指表を使うことで運指の上達は早くなる […]

  3. […] 悩み解消!バイオリン運指表を使うことで運指の上達は早くなる […]

タイトルとURLをコピーしました