「バイオリンは難しい」という意見をバッサリ切る!【理由】

音楽

バイオリンって難しそうだよね。大人から始めても弾けるようになるのかな。ギターとかにした方がいいのかな、、、。


こんな悩みがあります。


本記事の内容

✔︎バイオリンだけが特別難しい訳ではない理由
✔︎バイオリンだけが特別難しい訳ではない理由
✔︎大人になって始めても十分上達できる理由
✅バイオリンを上達させるための方法


筆者プロフィール

名前:ねるね
バイオリン歴:大人から始めて21年以上。オーケストラのプレイヤーとして18年活動。

良ければフォローしてね!


バイオリンは難しい楽器なのかどうか、そんな疑問に答える記事を書きました。

バイオリンは世間一般のイメージで難しい楽器という固定概念が植え付けられています。

私からすれば、どんな楽器でも極めようとすればどれも難しいです。

今回はバイオリンは誰でも気兼ねなく始められる楽器だということをこの記事で強く訴えようと思います。

これからバイオリンを始めようか迷っている方はぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

バイオリンが難しいと言われる理由

バイオリンが難しいと言われる理由は以下です。

・メディアから植え付けられたイメージ
・金持ちがお金をかけて練習するイメージ
・フレットがない
・構えが難しい
・覚えるテクニックが沢山
・早弾きを沢山要求される

メディアから植え付けられたイメージ

ねるね
ねるね

大人気アニメのドラえもんに出てくるしずかちゃんのせいですね。

しずかちゃんはもう何十年もギコギコ弾けていない状態です。

・バイオリン=難しい

というイメージを長年作り続けています。

もう一つは芸能人格付けチェックで出てくるストラディバリウスのせいですね。

この楽器は何十億円もするので、

・恐ろしく高い楽器=バイオリン=ハードルが高い=難しいんじゃないか?

というイメージをもたれがちになります。

(ストラディバリの記事はこちら)

メディアの洗脳は恐ろしいです。

金持ちがお金をかけて練習するイメージ

バイオリンをやっています。と言うと大抵言われるのが、

お金持ちの子?

というセリフです。

バイオリン自体が、

・昔のヨーロッパの貴族のための楽器というイメージ=金持ち
(バイオリンについては詳しくはこちら記事)

とこんな風に思っている方も多いんじゃないでしょうか。

なので、バイオリンはとても難しいのでたくさんお金をかけて一流のレッスンを受けなければ到底うまく慣れない。

こういうイメージをもたれがちです。

中にはお金をたくさんかけて練習する方もいるとは思いますが、バイオリンは以外にも低予算で始められます。

詳しくはこちらをご覧ください。

【疑問】バイオリンの値段はどのくらい?【失敗しない選び方】

よく言われる「バイオリンはフレットがないから難しい」はウソ

バイオリンはフレットがないから、ギターより難しい。

バイオリンはフレットがないから、ギターより難しい。

これもよく言われます。

・ギターはフレットがないから音程がとりやすい

と、私も初心者のときは思っていました、がそれは違います。

むしろフレットがないからこそ、バイオリンはスケールの広い音楽を表現できるのです。

想像してみてください。

例えば、自分の声に音の高さごとの仕切りがあって、その仕切りごとの声の高さしか喋ればかったとしたら、、、

ねるね
ねるね

めちゃめちゃ窮屈じゃないですか?笑

ねるね
ねるね

めちゃめちゃ窮屈じゃないですか?笑

バイオリンはフレットがないからこそ、音程に縛られず、自由な音楽ができるのです。

ただ、・フレットがない分音階練習はしっかりと正しく行って行かなければいけません。

音階練習についてはこちらの記事をご覧ください。

バイオリンの音階練習を解説【これをやれば大抵の曲は弾けるようになる】

構えが難しい

バイオリンの構えはよくよく考えたらかなり不自然です。

ねるね
ねるね

いわば、ジョジョ立ち、です。

これは初心者のうちは構えのコツがわかるまで、確かに難しいと思います。

が、構えが定まらなくてもバイオリンの技術はあげていけるので、構えが難しいからバイオリンを上達させるのは難しい、とはならないです。

あくまで、・バイオリンの技術が上がるにつれて構えが定まっていく、という考えの方が自然です。

バイオリンの構え方についてはこちらの記事をご覧ください。

【今日から実践できる!】バイオリンの構え方を解説

覚えるテクニックが沢山ある

バイオリンにはたくさんの奏法があって、とても難しいテクニック(記事)もたくさんあります。

ねるね
ねるね

ただ、最低限のテクニックをマスターしておけば大抵の曲は弾けます。

・ボーイング
・スラー
・スタッカート
・テヌート

この4つは初心者でも早くに身につけれる技術す。

これ以外にもたくさんのテクニックが出てきますが、それらはすべてごまかしたり、無視したりすればいいんです。

全部が全部完璧に弾けなくても、バイオリンの演奏は楽しめます。

バイオリンは早弾きを要求されることが多い

バイオリンの曲は早弾きの曲が多いです。

オーケストラの交響曲ともなれば、

ねるね
ねるね

必ずと言っていいほど早弾きのフレーズが出てきます。

ただし、この早弾きはアマチュアであれば尚更、

・多少弾けてなくてもご愛敬

という雰囲気があり、割と弾けなくてもごまかせます。
(もちろんプロの奏者の方はごまかせないと思いますが)

さらに、ゆったりとしたフレーズの曲でも名曲はたくさんあるので、

・早弾きがたくさんある=バイオリンは難しい楽器

とはならずに、

・早弾きはごまかせるしゆったりとした曲もたくさんあってバイオリンはとっつき易い

と言い換えることもできます。

バイオリンが特別難しいわけではない

どの楽器を始めようが同じくらい難しいです。

例えば、

ハーモニカだろうが、
リコーダーだろうが、
バイオリンだろうが、
ハープだろうが、

です。

ただ、最初のとっつき易さとかだと違いが少々出てきます。

初心者にとって、

ハーモニカでドレミファソラシドを吹く難易度

と、

バイオリンのドレミファソラシドを弾く難易度

は違うかもしれません。

でも楽器を練習していく中でその楽器を十分使いこなす、というレベルにおいてはどの楽器も難易度は一緒です。

よく言われる「バイオリンはフレットがないから難しい」はウソ

ギターはフレットがないから音程がとりやすい、うらやましー!と私は初心者のときは思っていました、がそれは違います。

むしろフレットがないからこそ、バイオリンはスケールの広い音楽を表現できるのです。

想像してみてください。

例えば、自分の声に音の高さごとの仕切りがあって、その仕切りごとの声の高さしか喋ればかったとしたら、、、

めちゃめちゃ窮屈じゃないですか?笑

バイオリンはフレットがないからこそ、音程に縛られず、自由な音楽ができるのです。

バイオリンは大人になって始めても十分上達する

バイオリンを大人から始めても上達できます。

なぜなら私がそうだからです。

初心者で初めて3ヶ月でカルメンの合奏に乗りましたし、2年目にはドボルザークの新世界の合奏に参加していました。

大人からバイオリンを始めるメリットはたくさんあります。

・大人は自主性と継続性を高いレベルで持っている・大人の方が子供よりも練習を論理的に行える
・年齢関わらず正しいバイオリンの選び方、練習を行えば上達する

バイオリンは3才から始めないとうまくなれない、なんて都市伝説です。

バイオリンは大人から始めても上達できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

遅くはない!バイオリンを大人から始めても上達できる理由4選

バイオリンが上達するために必要なこと

バイオリンを上達するためには以下のことに気をつけます。

・正しい楽器選び
・正しい練習方法
・自分責任論で練習する

正しい楽器選び

自分にとって最も適したバイオリンを選ぶことが大事です。

出会う楽器によって、モチベーションや成長スピードは大きく変わります。

選び方において大事な点は、

・自分の目標、目指すものを明確にしてそれに伴う楽器を選ぶ

です。

なので当然、プロを目指すのであれば最初から高い楽器を買った方が効率が良いですし、逆にガチでやらなくて教養程度の趣味でイイやーっていう人であれば、最初は安いセットバイオリンを購入するればイイんです。

大事なことは自分に適したバイオリンを選ぶことです。

【疑問】バイオリンの値段はどのくらい?【失敗しない選び方】

正しい練習方法

バイオリンの練習方法はたくさんあります。

✔︎左手の練習
音階練習
・ポジション移動
ビブラート

✔︎右手の練習
・ボーイング

これらを基礎として練習曲や本番用の曲の練習と絡めながら進めていくのが、バイオリンの練習の基本的な流れになります。

練習の大まかな流れはわかったとして、実際に練習を続けていくとなると、プロからレッスンを受けることで効率は何倍にも上がります。

ねるね
ねるね

相場としてはレッスン1回分3,000円〜5,000円くらいです。

飲み会を断って自己投資と考えてみるのもおすすめです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【歴21年の私が料金比較!】バイオリンの優良オンラインレッスンおすすめ教室7選【大人から再開】

また、無料で練習を進めていきたいという方は、練習内容をまとめた記事があるので良ければご覧ください。

これで迷わない!初心者のためのバイオリン練習の羅針盤

自分責任論

バイオリンがなかなか上達できないことを自分以外の事柄のせいにしてはいけません。

・年齢のせいにしたり
・環境のせいにしたり

あくまでも上達できないのは、

・自分が上達するための正しい方法をとっていないから

と肝に命じる必要があります。

楽器の練習は常に自分責任論で進めていくべきです。

自分責任論についてはこちらの動画をご覧ください。

原因自分論で考える

まとめ

今回はバイオリンは難しい楽器なのかどうか、について記事を書きました。

まとめると以下です。

✔︎バイオリンが難しいと言われる理由
・メディアから植え付けられたイメージ
・金持ちがお金をかけて練習するイメージ
・フレットがない
・構えが難しい
・覚えるテクニックが沢山
・早弾きを沢山要求される

✔︎バイオリンが特別難しいわけではない
・どの楽器も同じくらい難しい
・楽器によって始めの取っ掛かり安さの違いはある

✔︎よく言われる「バイオリンはフレットがないから難しい」はウソ
・フレットがないからこそ自由な演奏ができる

✔︎バイオリンは大人から始めても上達できる

✔︎バイオリンの上達のためには
・正しい楽器選び
・正しい練習方法
・自分責任論で練習する

わたしがバイオリンを始めたとき、たくさんの経験者の方やプロの先生に習う環境がありました。

バイオリンは世間で言われているほど難しくないのは確かですが、初心者の内はとくにレッスンに行って、バイオリンの技術習得に励むのがおすすめです。

もし良ければこちらの記事もご覧ください。

【失敗しない!】オンラインレッスンならココ!バイオリン教室オススメ5選【初心者向け料金比較】
バイオリン初心者がオンラインレッスンを受けようとしてと最初の一歩で挫折するケースは多いです。今回はバイオリン初心者でも、実績、評判共に良い音楽教室を選べば上達できるよう、『バイオリンのオンラインレッスンの料金相場』となる知識からオススメの音楽教室の申込方までまとめて解説します。

このブログでは、バイオリンを中心に音楽が役立つ知識を発信していこうと思っています。

もしイイなと思ったら他の記事も御覧ください。

それではまたー

(完)

プロフィール

音楽歴26年これまでに30人以上のプロの音楽家に指導頂いてきました。活動は主にオーケストラのバイオリン演奏員。メインジャンル;クラシック。その他;アイリッシュ、ジプシージャズなど。国内コンクール多数参加。演奏技術レベル;野球でいうところの社会人野球レベルです。※記事の趣旨;26年で培った音楽の知恵、経験を元に学生オケ初心者、レイトスターター向けに練習方法、音楽マインドの解説に特化した記事です。

コメント

  1. […] 【楽器選びで失敗しないために】バイオリンは難しい楽器なの? […]

タイトルとURLをコピーしました