松ヤニの正しい塗り方。【塗り方を間違えると音が出ない!?】

音楽

ボーイング練習をしていても音がスッカスカで弾いている感覚がまったくないよ、、、。松ヤニの塗り方がおかしいのかな、、、。


こんな悩みに答えます。


本記事の内容

✔︎松ヤニの正しい塗り方
✔︎松ヤニを正しく塗らないと演奏にどう影響がでるか
✔︎おすすめの松ヤニ
✅ボーイングの上達の仕方

筆者プロフィール

名前:ねるね
バイオリン歴:大人から始めて21年以上。オーケストラのプレイヤーとして18年活動。

良ければフォローしてね!


今回は松ヤニの正しい塗り方を説明します。

バイオリン演奏において、余分な力を抜いて弾くことは必須です。

実は松ヤニを正しく塗らないと弓と弦の摩擦が起こりにくくなり、音がしっかり鳴らないばかりか、右手に余分な力が入りすぎてしまいます。


ねるね
ねるね

これでは正しいボーイング技術が身につきませんね。


松ヤニを正しくぬる、ということはバイオリンの上達スピードに多いに影響しているんです。

松ヤニの正しい塗り方、それに伴うボーイング技術の正しい考え方を知りたいという方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

松ヤニの塗り方を解説

松ヤニの塗り方

①弓を利き手とは反対の手で仰向けに持ちます。
②松ヤニをこのように持ち

③松ヤニの中心の直線を通るように弓に当てます。
④小刻みにゴシゴシ根元から先っちょまでしっかり付けます。

松ヤニの塗り方

バイオリンを弾き終わったら、松ヤニがコマ周りと弓に吹き散らかしているのでしっかり吹きとりましょう。

毎回拭き取らないとバイオリンのニスが粉がこびり付いて取れなくなります。

バイオリンのメンテナンスに関しては詳しくはこちらをご覧ください。

バイオリンが死なないための】メンテナンス方法解説

松ヤニがもたらすバイオリン演奏への影響

わたしは松ヤニはたくさんつけるべきだと思います。

理由は、松ヤニをたくさんつけると弓が弦に吸い付くからです。

弓が弦に吸い付くと以下の利点があります。

・右手の力が抜ける
・繊細な音が出しやすくなる
・発音がはっきりする

上記のことを以下細かく深堀します。

力を抜くためには弦への吸い付きが必要

松ヤニが弓に不足していると弦への吸い付きが悪くなるので、音をを鳴らそうと右手に余分な力が入ってしまいます。


ねるね
ねるね

バイオリンは出来るだけ自然体で弾くのが理想ですよね。


余分な力が入った弾き方は本質的ではありません。

・右手の力を抜く=弓が弦に吸い付くのが理想=松ヤニをたくさん塗れば実現

力を抜いた演奏をするためには松ヤニをたくさん塗る必要があります。

松ヤニが足りないと小さい音はスカスカになる

クラシックの演奏がと”pp”などの表記でとても小さい音など繊細な表現が求められます。

松ヤニの乗りが悪いとこのような繊細な音が出せません。

音がスカスカになるか、最悪音すら出せません


ねるね
ねるね

それは演奏家にとって物凄いストレスですよ。


わたしは一時期松ヤニをあまり付けない時期があり(変なこだわりのせいで)

そのせいで小さい音を出せないことでスランプに陥ったときがありました。

整備を頼んでいた楽器職人の友人のせいにしたり酷い有様だったんです笑

そのスランプが1年半くらい続いた時に、ふと松ヤニをいつもの3倍塗って見たんです。

そしたらスランプから脱しました。

松ヤニが足りないとほんとに音がスカスカになります。

松ヤニが足りていないと早弾きが不明瞭に

松ヤニが足りないと、音の発音が不明瞭になります。

上記でも散々言及していますが、弦への吸い付きが悪くなるからです。

発音が悪いと早弾きのときの音符の発音がとても不明瞭になります。


ねるね
ねるね

スピッカートやマルテラートが弾き辛くなるんだよね。


早弾きの際、音が不明瞭だと指が回って内容に聞こえてしまい、不当に下手くそに聞こえやすくなるのでこれは損です。

それを防ぐためにも松ヤニをたくさん付けた方がいいです。

おすすめのバイオリン用松ヤニ

おすすめの松ヤニをまとめました。

商品名松脂 ボガーロ&クレメンテ バイオリンギョーム松脂 アルミ缶松脂 木箱入り松脂バイオリン用松脂黒猫 松脂 ライトコルスタイン松脂ックバイオリン用松脂ダダリオ松脂松脂VR−500
メーカークライスラーミュージックギョームミランラーセンジェイドミランクライスラーミュージックベルナルデルキョーリツコーポレーショキョーリツコーポレーション
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
価格4,066円3,380円3,259円2,995円1,380円1,375円1,280円880円680円440円
特徴粘土が強いので弓に付けやすい液体と固形の合成で硬すぎないので塗りやすい。木箱で固定なので塗りやすい。ざらつきやベタつきが少なく使用し易さが特徴。粉落ちが少ない。さらさらしているので程よいひっかかり。粉落ちが少ないのが特徴。ベタつきにくさが特徴粘土が高くひっかかりが良いコスパ最強。
購入                        

        

                                                

松ヤニを正しく付ければボーイング練習も有意義になる

松ヤニをしっかり正しく付ければ、ボーイング練習も有意義になります。

最後にボーイングについて解説して終わりにしたいと思います。

ボーイング技術で主に重要な点は、

・余分な力を抜くこと
・手の重さを弓に伝えてその重みで音を鳴らす

この2点を可能にするのは上記で説明した松ヤニをたくさん擦って弓に擦り付ける必要があります。

初心者の方はとくにこの2点を守って毎日の練習で積み上げていく必要があります。

こちらの動画をご覧ください。

ボーイング 1
ねるね
ねるね

このようにボーイングはリラックスして弾く必要がありますね。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【初心者の時に知っておきたい!】バイオリンのボーイングの正しいやり方とコツを解説!

まとめ

今回は松ヤニについて解説をしました。

まとめます。

✔︎松ヤニの塗り方
・弓を利き手とは反対の手で仰向けに持ちます。
・松ヤニを右手で持つ。
・松ヤニの中心の直線を通るように弓に当てます。
・小刻みにゴシゴシ根元から先っちょまでしっかり付けます。

✔︎松ヤニがもたらすバイオリン演奏への影響
・力を抜くためには弦への吸い付きが必要。
・松ヤニが足りないと小さい音はスカスカになる。
・松ヤニが足りていないと早弾きが不明瞭になる。

✔︎松ヤニを正しく付ければボーイング練習も有意義になる
→ボーイング技術で主に重要な点は
・余分な力を抜くこと
・手の重さを弓に伝えてその重みで音を鳴らす

一部のプロの方や最高級の弓を使っている方で松ヤニをあまりつけないという人はいます。

ですが、

とくに初心者の方やアマチュアで歴が浅い方は、

・右手の技術不足
・使用している弓のランクがあまり高くない

このような理由から松ヤニはたくさん付けた方が絶対いいです。

ちなみにわたしは、バイオリン歴20年でフランス製の40万の弓を使用していますが、


ねるね
ねるね

松ヤニは粉が舞い散るほどたくさん付けていますよ。


アマチュア演奏家、とくに初心者や歴の浅い方は松ヤニをたくさんつけるべきです。

また、このようなバイオリンの知識や練習方法はプロのレッスンを受けることによっていつでも最新の情報を受けることができます。

音楽教室の記事を書いていますので、良ければご覧ください。

【手軽に開始】バイオリンのオンラインレッスン教室オススメ5選【初心者向け料金比較】
バイオリン初心者がオンラインレッスンを受けようとしてと最初の一歩で挫折するケースは多いです。今回はバイオリン初心者でも、実績、評判共に良い音楽教室を選べば上達できるよう、『バイオリンのオンラインレッスンの料金相場』となる知識からオススメの音楽教室の申込方までまとめて解説します。

それではまたー!

筆者プロフィール

音楽歴26年これまでに30人以上のプロの音楽家に指導頂いてきました。活動は主にオーケストラのバイオリン演奏員。メインジャンル;クラシック。その他;アイリッシュ、ジプシージャズなど。国内コンクール多数参加。演奏技術レベル;野球でいうところの社会人野球レベルです。※記事の趣旨;26年で培った音楽の知恵、経験を元に学生オケ初心者、レイトスターター向けに練習方法、音楽マインドの解説に特化した記事です。

※本サイトはAmazonのアフィリエイト・マーケティング・プログラムでの商品紹介を行っています。

コメント

  1. […] 松ヤニ購入 […]

  2. […] 松ヤニの正しい塗り方 […]

  3. […] 松ヤニの正しい塗り方 […]

  4. […] 松ヤニの正しい塗り方 […]

タイトルとURLをコピーしました